2020/07/31

信濃川ウォーターシャトルの新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の感染者拡大が大都市圏を中心に続いていますが信濃川ウォーターシャトル各船においては、下記の通り対策を講じております

 

1.船内のアルコール消毒

-船内を消毒液で拭き取り掃除を行っております。また、お客様向けの手指消毒用液を設置しています

 

2.換気の徹底

-船室前部の窓及び後部デッキの扉を開放し、換気に努めております

 

3.乗務員のマスク着用

-乗務員は乗務中、必ずマスクを着用致します

 

4.設備の改善

-乗合の水上バスとして運用することが主体のアナスタシア号に関し、ウイルス除去機能及び換気機能付きのエアコンに入替えしました。(7月6日実施済み)

 

-料理・飲食を伴う利用の多いベアトリス号に関し、客室各ボックスを仕切るガラスパーテーションを設置致します(8月工事予定)

 

5.お客様への対応

-ご乗船に際し、マスクの着用をお願いする場合があります。(密が想定されるような混雑時) また、政府が発表した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」の趣旨を踏まえ、感染の拡大を防ぎ、お客様ご自身の健康と他のお客様に安心・安全な環境を提供するため、「発熱があり、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方」のご乗船をお断りすることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020 運航体制

ページの先頭へ